タカノゴルフ

============= 人とは違う喜びを! カスタムクラブ好評発売中 =============

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「試打クラブは特別飛ぶ?」 試打クラブの誤解を解説

たまに試打クラブと店頭で売られているクラブは違うと言う人がいます。

お話を聴くと・・・


試打クラブは商品が売れるように特別に飛ぶクラブを用意しているはずだ!

試打したときは飛んでいたが、買ったクラブは試打した時より飛んでない!

などですが・・・


結論から言うと
試打クラブが特別飛ぶということはありません!



まず、製造する時点で試打クラブだけ特別飛ぶようにする技術があれば、その飛ぶ技術を商品に反映したほうがクラブは売れるので試打クラブだけ飛ぶようにすることはありません。

出来上がったクラブの中からテストをしてその中で特に飛ぶものだけを試打クラブにするとしても何十本もテストして、残ったクラブは中古としてしか売れなくなる!

こんな効率の悪いことはしませんし・・・


そもそも現在きちんとしたメーカーのクラブで同じ商品で飛距離が大幅に違うということはありません。

試打クラブも出来上がったクラブから適当に選ばれて送られてきますし
店頭にある商品の中から試打クラブとして使うこともありますので
そもそも、選んで試打クラブにしているわけでは無いのです。

今まで何本か、お客様の要望で
お買上げのクラブと試打クラブをメーカーに送り、ロボットやプロに飛距離検査を依頼したことがありますがお買上げクラブの方が明らかに飛ばないということは一回もありません。

2~3ヤード違う場合もありますが
試打クラブの方がテストの結果飛んでない場合もあります


試打クラブが飛ぶというのは思い込みなのです


おそらく、試打のときは飛んだ最大飛距離が印象に残り
実際のラウンドでは、常に芯でボールを打っているわけではないので
飛ばなく思うのではないでしょうか。

以前に実際にあった出来事ですが、
最初に試した時はすごく飛んでいた!
後日もう一度、同じドライバーを試打したら飛ばなかった。

これは、普段はアゲンストの風が吹いていることが多い練習場で
たまたま、打席ではあまり感じられないが上空でフォローの風が吹いたのです。

この場合、高く打ち上げられたボールの飛距離が伸びるので
ボールの上がりやすいモデルやロフトの多いドライバー飛ぶことになります。

2回目に打った時は普段どおりの軽いアゲンストでしたので前回と違い風に負けて飛距離が出ない。


単純なことですが、同じクラブでもこんな場合があるのです


試打クラブは何回も打たれているので
シャフトが軟らかくなっている」という人もいますが


カーボンシャフトはスチールと違い金属疲労がありませんので何千回、何万回打っても硬さに変化はありません。

スチールシャフトですと金属疲労により軟らかく(へたる)なることもありますが
毎日、何百発も打たれないとならないので
試打クラブだからシャフトが軟らかくなっているということはありません。


構えたときのフェースの向きが違う!これはあります


同じ型から造られても個体差がありますし
研磨の具合や塗装でも見え方が変わります。

特にドライバーのフェースとクラウンの境目の塗装は
1ミリずれただけでもフェースの見え方が変わります。
上級者はこの顔にこだわる方が多いです。

結論
試打クラブと商品で、構えたときにフェースの見え方が違うはあります。
しかし、飛距離が違うということはありません。安心して買ってください。

| ゴルフ屋の独り言 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takanogolf.blog96.fc2.com/tb.php/50-e73db2e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT